ソープ嬢はピルで生理日をコントロール!副作用でカンジダ腟炎

ソープ

私はヘルスソープで働いていました。始めはセクシーキャバクラ(お触りあり)で働いてましたが、そこまでするならとヘルスで働くようになりました。

ヘルス店に面接に行くと講習というものがあり、実際ヘルスでするサービスを店長にします。そこで、もっとこうした方がいい等の指導を受けて一連のサービスの内容を教えてもらいお仕事に入ります。

普通はお客さんが来たらまずシャワーを一緒に浴びるのですが、シャワーを浴びずにしてほしいというお客さんも少なくありませんでした。

顔を近づけたら鼻につく臭いで始めは泣きそうになっていましたが、あとでさうがい薬で消毒すればいいや!と思い、仕事だといいかせて接客してました。

でもある日、喉に違和感を感じました。

その日はちょうど月1回の性病検査で診察するとクラミジア菌がいるとの事でした。オーラルセックスでも性病があるんだとは知らなかったので、びっくりしたと同時に私が接客した客はみんな感染したの!?と不安になりました。

そのあとはお客さんの方からも特にクレームなどは無かったのでよかったですが、シャワーするしない以前の問題です(泣)

その後、ヘルスから格上げしてソープで働くようになりました。

正直、ヘルスよりソープの方が楽です。コンドームは着けますが入れたらよっぽと酔ってない限り簡単にイッテくれます。

ヘルスの時は酔った相手でもイクまでしないといけないので大変でした。土曜、日曜の閉店前はそんなお客さんばかりだったので、本当にあごが口を開けるたびにカクカクいってました。

ソープのお仕事は店にもよるかもしれませんが、基本ベッドで1回、ウォーターベッドでローションプレイで1回抜きます。だいたい予想はしていましたが、生を強要してくる人はたくさんいました。1日1人は必ずいました。

なかにはローションプレイの時にわざとらしく、ゴムが外れたと言って強引に入れてくる人もいました。でも、生でする方が早くイッテくれるのでその方が楽というソープ嬢は多いと思います。私も正直タイプだったりすると1回はお断りはするけど、結局生でしてました。

でもそんな事をしていたら、やってしまった…性病発覚。

カンジダ腟炎になってました。痒いなぁと思った時にはヨーグルトみたいなおりものが出てて、ショーツには白カビみたいなポロポロしたものがついてました。お薬を貰ったけどなかなか治らなくて痒くて気持ち悪くて本当に不快でした。

でもこのカンジダ腟炎、抗生物質を服用していたり、ソープ嬢はみんな生理日をコントロールして休みを決めてるのでピルを飲むのが当たり前なんですが、このピルの副作用でもなったりするみたいです。

性病にかかるとお店も休まないといけないので、当然お給料0。あげくに休んでる間に指名客が来て、私がいないから他の女の子についたりして客を取られたりなんて事もありました。

風俗に性病は付きものですが、風俗嬢のみなさん将来妊娠できないなんて事がないようにくれぐれも気をつけてください。

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る