お客さんに無理矢理プレイ「俺はエイズかもしれないからな!」デリヘル嬢

無理矢理プレイ

1年前にデリヘル嬢の仕事をしていたことがありますが、仕事をしていた間に色々なことが起こりすぎて、心身ともにクタクタに疲れてしまいました。

もちろん仕事もかなりハードなものでした。仕事に出ればすぐに男性の自宅やホテルに向かい、密室の中で男性と2人きりになって、色々なプレイを要求されるのです。性病対策のために、イソジンでうがいをしてもらったり、オフロに入って男性の体を洗うというルールが有るのですが、それを守ってくれない人もたくさんいました。

「我慢できないから早くしようよ」「体なんか洗わないでお互いのニオイを嗅ぎあおう」という人には優しく注意をうながすのですが、中には無理やりプレイを始めようとする人もいます。やんわりと断って一緒にシャワーを浴びるのですが、ボディーソープを泡立てて性器を洗うと痛がる人もいました。

お店から「性器を洗って痛がる人や、腫れ・赤みがある人は性病を持っている可能性もあるのでプレイを止めるように」という指示を受けているので、そんな時には男性にわからないようにお店に連絡し、プレイを中止するというのもルールの1つでした。

お店によってルールは違うと思いますが、性病対策のためにこうやって決まりを作っているお店は多いみたいで、他の店のデリヘル嬢に話を聞いてみても同じようなマニュアルが有るということを教えてくれたことがあります。

私が務めていた店には40人以上のデリヘル嬢がいたのですが、ある時デリヘル嬢の待機室で泣いている子を見かけたことがあります。その子はお客さんに無理矢理プレイをさせられてしまった直後だったらしく、大きなショックを受けていました。

しかもお客さんが「俺はエイズかもしれないからな」といったらしく、彼女の動揺は傍から見ても明らかでした。

他人事のように思えなかったので、スマホでHIVや性病のことを調べてみたのですが、この時調べるまで、私は性病に関する知識をほぼ持っていなかったということに気づきました。

HIVウイルスに感染しても3ヶ月間はウイルスチェックでの結果を知ることが出来ないということ、発症したらどのような症状が出るか、といったこともその時初めて知りました。

結論から言えば、その女の子はHIVウイルスに感染していませんでしたがお店をやめてしまいました。私も収入の高さに後ろ髪をひかれる気持ちはありましたが、ある程度の貯金がたまったこともあって、すっぱりと仕事から足を洗って、今では地道にアルバイトをしています。

20代後半女性(元風俗店勤務:デリヘル嬢)
HIV

自宅で性感染症の検査が出来ます


性病検査キットの検査は登録衛生検査所で実施します。検出精度/信頼性共に医療機関と全く同じです。

関連記事

ページ上部へ戻る