月に1度お店の大広間を利用して検査!元人妻系ヘルス嬢 体験談

ヘルス

私は2年前、車の免許を取得する為に人妻系ヘルスで働いていた事がありました、20歳の時にも風俗で働いていた事もあり抵抗は無かったのですがまさか性病になるとは思いませんでした。20歳の時の様なピチピチ感はないので以前働いていたお店の系列店で人妻系ヘルスのお店に入店する事になりました。

お店の感じと女の子はどちらも落ち着いた感じで久々の風俗復帰でも安心して働けました、風俗の種類は以前と同じヘルスでお口や素股でサービスする所です。最初は久々だったので慣れなかったけど優しい先輩方やお店の従業員・そして少しずつ増えた常連さんのおかげで順調にお仕事をしていく事が出来ました。

入店してから約1ヶ月後に系列グループの女の子全員を対象に性病検査がありました、以前勤めていた時も月に1度性病検査をし性病の早期発見とお客様の安全を確保する為に検査は行われました。性病検査と言っても病院へ行くのではなくお店の本社の大広間を利用して医者と看護婦さんに来てもらい口とアソコの検査をし終った後問診して終わりでした。

私は検査の時に細長い綿棒を入れる検査が苦手で特に口の時は喉の奥まで綿棒を突っ込まれるので以前勤めていた時から苦手でした。何とか無事に検査が終わり1週間経過したある日出勤すると店長に呼ばれました、どうやら性病の疑いがあるので婦人科で詳しい検査をするように言われました。

以前は3年間働いても性病になった事はなかったのでショックでした、そのまま性病検査した医者がいる病院へ予約を取りました。翌日病院へ行きもう一度検査するとやはり性病で病名はクラミジアでした、この病気は初期症状が出にくいので感染した事を知らずにいる人も多い病気です。私も検査をし初めて知りました、感染したのは喉で全然自覚症状はありませんでした。

治療には抗生物質入りの薬を決められた日数の間飲み2週間後に再検査となりました、もちろんこの間はヘルスのお仕事は出来ないので本業のショップ店員の業務をしていました。2週間後の再検査の日ドキドキしながらもう一度検査を受けると結果は陰性でクラミジアは完治していました。お店に報告するとすぐにでも復帰して欲しいと言われました、また性病になったらという思いがありましたがもう少しで目標金額に達成するのでそこまでは頑張ろうと思いました。

自分で出来る対策としてイソジンでのうがいをする(やりすぎると喉が弱い人は喉を傷めてしまい余計に性病に感染するリスクが高いので注意)事です。後は常に体を清潔に保ちプライベートでも免疫を高める生活習慣を行う事にしました。

そのおかげで一度も性病に感染する事無く目標金額を上回る金額を貯金しヘルスを辞めました。

20代後半女性(元風俗店勤務:人妻系ヘルス嬢)
クラミジア

関連:学生の13%がクラミジア!文部科学省所管の財団法人JASEが調査!

自宅で性感染症の検査が出来ます


性病検査キットの検査は登録衛生検査所で実施します。検出精度/信頼性共に医療機関と全く同じです。

関連記事

ページ上部へ戻る