風俗のソープは殺菌成分入り!性病感染者に使うとしみて痛みがある・・体験談

殺菌成分

わたしは1年前まで風俗のデリヘルに勤務していました。本職とかけもちではなくデリヘル一本のレギュラー勤務で約三年勤めましたが、やはり性病とは切っても切れない仲と言えざるを得ません。

デリヘルのHPや求人を眺めていると「月に一度の性病検査だから安心」などといいう箇所がありますが、それはあくまで奨励しているという現実があります。「月に一度、婦人科へチェックをしに行った方がいいよ」とスタッフが口頭で面接時に助言するのみなので、診断書を必ず提出するなどの方法を取っている風俗店(デリヘル)は少ないのではないでしょうか。つまり性病チェックはその女の子の意思によるものだけで、自己責任としか言えません。

結果的に言えるとこは、デリヘルから足を洗ったら性病にはまったく感染しなくなったということです。しかしこれは、「デリヘルで働いていたから性病を男性客から移された」というわけではありません。

デリヘル一本で働いていると、1日に多くて10人ほどの男性の相手をします。口の粘膜を使ったフェラチオやキスは当然ですし、一番個人的に危険かなと思うのは素股です。どうしても性器同士をこすりつけるものになるので、性病の心配が必ずあります。とくに、性器の入り口に亀頭を少し入れて摩擦されると、不安になったことを覚えています。

そんなとき発症したのがクラミジアで、風俗(デリヘル)で一番かかりやすい性病と言われています。このクラミジアなのですが、男性が感染していないのに発症することがあります。性病の原因は性器がこすれて免疫力が低下しているときや、ストレスなどの精神的影響もあります。とくに敏感肌だと、パートナーとのセックスだけでもすれて痛くなることがあり、そのまま放置しておくことによってクラミジアにかかることも多いのです。

わたしは敏感肌だったからか、しょっちゅう性病に感染して仕事を休むことが多かったです。感染していなくとも、常に性器をこすっている状態だから痛みがあるときもあります。だから、デリヘルで働いていても男性客に性病を移されることはなくても、性病にかかることがあるのです。

デリヘルで使うソープは基本的には殺菌成分が入ったものなので、普通は性病感染者に使うとしみて痛みがあります。わたしはできるだけ感染したくなかったので、ソープを多めにつけて「痛くない?」なんて聞きながら洗っていました。よく洗うこと、男性の反応を見ることが一番の予防策だと思います。デリヘルで働いてHIVに感染したという話は耳にしますが・・・ある程度のリスクはどの風俗にもあるものです。

20代後半女性(元風俗店勤務:デリヘル嬢)
性器クラミジア

自宅で性感染症の検査が出来ます


性病検査キットの検査は登録衛生検査所で実施します。検出精度/信頼性共に医療機関と全く同じです。

関連記事

ページ上部へ戻る