毛じらみ!もう掻き毟りたくてしょうがないレベルの痒み・・体験談

毛じらみ 体験

分かった瞬間は、真っ青になります。

男にとって特別な病気というと、やはり性病でしょう。
去年私も陰部に痒みを感じて、まさか性病かと思い泌尿器科の予約をしました。というのも風俗にちょくちょく遊びに行っていたので、心当たりはあったのです。

一度自覚すると臆病な物で、全ての事に違和感を感じてしまう状態になります。別に先日と変わらないのに、尿のキレが悪くなったように感じ、性器が腫れているような気もします。勿論錯覚なのですが、落とし穴にハマって出れなくなったような気分になるのです。

素人が見たところで何の病気かわかる訳も無いのに、無駄に何度も何度も性器を観察しました。完全に無意味なのですが、じっとしていられないのです。

そして翌日、おそらく人生最大に緊張した待合室を抜けて、診断された結果は毛じらみでした。

頭の中ではクラミジアや淋病等の重い性感染症を想像していたので、心底ホッとしましたね。治療方法は簡単で、陰毛を全部剃ればいいとの事なので即帰宅して剃りました。というのも一度痒みを自覚すると酷いもので、もう掻き毟りたくてしょうがないレベルの痒みだったのです。虫刺され程度の痒みと違い、我慢しようと思ってできるものではありませんでした。剃れない方はシャンプーもあるよと言われましたが、別に陰毛を剃った所で失うようなものはありません。むしろ毛じらみが分かっている陰毛など残したくないと思うのですが、剃れない事情ってなんでしょうね。

そこから相手に浮気がバレたりするという、特殊な事情のケースでしょうか。

ただ、服や布団にもいる可能性があると言われたので、これを機にクリーニングして、15年以上使っていた布団は買い換えました。やりすぎと言われるかもしれませんが、発覚直後の私は完全に潔癖症でしたね。元々綺麗好きではあったのですが、いっそう掃除に力が入るようになりました。

ここから風俗を続けるか続けないかは個人差でしょうが、私はこれ以来一度も行っていません。風俗を止めたからといって感染の可能性がゼロになるとは言えませんが、少なくとも自分から原因を作りに行くのは止めようと思いました。とはいえ友人の中には、泌尿器科の常連になっちゃったよと笑っている人もいるので、この辺は人それぞれでしょうね。まあ一度感染したくらいで止める私のようなタイプは、元々風俗遊びに向いていないのでしょう。

個人的に、性病を疑って結果が出るまでのあの感覚は、二度と味わいたくありません。今回は毛じらみでしたが、次は剃って済むだけとは限りませんからね。

20代後半男性
毛じらみ

自宅で性感染症の検査が出来ます


性病検査キットの検査は登録衛生検査所で実施します。検出精度/信頼性共に医療機関と全く同じです。

関連記事

ページ上部へ戻る