風俗店で働く子もお客も考え方がズレている!性病検査って何?

風俗性病検査

風俗嬢体験談 性病検査事情

私は、お小遣い欲しさに風俗店でアルバイトをしていた事があります。

大人の社会で一度仕事をしてみたいという興味があった事やお金が稼げるというのが勤めたのがきっかけでした。しかし、風俗店で働く以上はそれなりの行為もあることも事実です。

通常、店側で月に1回は性病検査を義務付けられているというのが通例ではありますが、私の勤めていた東京のお店では一度も性病検査に行くようにと言われたことがありませんでした。

お店は性感染症を持っているようなスタッフを保有したいと思わないだろうし、何しろ客商売なのでそのようなことが出回ればたちまちお客さんは寄り付かなくなりますので、最悪の場合は店を潰しかねません。だからお店側は性病検査なんてしない方が「触らぬ神に祟りなし」というような感覚でいます。

この様な考えの中、性病のことが判明してしまうと仕事を辞めさせられてしまうので、怖くて性病検査を要求するようなことは誰もしませんでした。

お客さんはそのことを知りませんので、性病検査は受けている女の子ばかりだと安心している、もしくはお店を信頼しているという場合もあるかと思いますが、正直、性的な仕事を生業にしているので信頼しているという時点でお客さんも考え方がズレているという感じがしました。

あと、働いてて思ったのはお店の子は一部を除いてそれほど性感染症に対して本当に関心が無い事に驚きました。性的なサービスを多くの人と行っている以上は、何かしらの感染症になっていてもおかしくないから「そんな事を気にしていること自体がおかしい」という考えかたの人にも出会いました。

何とも自分の体を大事していないような感じの考え方で、風俗店での勤務というのは、長く働けば働くほど世間とは大きく感覚がずれてしまうものだなと思いました。

でも、お金は正直なところかなり稼げましたよ。
それだけは納得できるポイント。

私は感染症なんてまっぴらなので、その子達と距離をとって仕事をしてさっさとお金が貯まったのでやめました。
風俗店が性病検査を徹底してるなんて信じちゃ駄目ですよ。

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る