風俗店のタオルを介して流行してしまう性病もあった・・風俗嬢体験談

性病流行

今の風俗店では性病の検査もしっかり行っているところがほとんどです。性病のチェックをして、かかっていたら出勤できないなど、徹底しています。

実際に5年勤めて2回くらいかかった事があります。性病は男性は自覚症状がないことや、健康な人とでも性病がかかってしまう恐れもあるので気をつけなければいけません。

50名いる風俗店では2人ほど性病にかかっている人がいるそうです。性病にかかっている女の子は、基本的には出勤はNGですが、性病にかかっているのが分からない子もいるのです。そんな子がお客様の相手をする事もあるのです。

恐ろしいですね。

基本的には、常連のお客様にうつさないようにするためにも性病になった時には出勤しないようにします。お客様にもうつしたくないし、更に自分もまたうつされたくないと思います。

風俗店のタオルを介して一気に流行してしまう性病もあれば、キスをするだけで移る性病もあります。今はタオルもしっかり、消毒や洗浄、クリーニングを徹底しています。タオルを通して流行する事はめったにありませんが、実際に起こったときもあったのでその時は大変でした。その出来事もここ3年前くらいの話なのでつい最近です。

風俗に行く男性の中には性病を持っている人もいました。男性はそれを知らずに来るんです。いろいろな風俗をいきわたっている男性のようだったので、風俗で働く誰かからうつされたものなのか、または風俗の誰かに移していると考える事もできるので、それも恐ろしい話です。そして、その男性から性病をうつされた子がいました。彼女は初出勤の子だったので、運が悪かったんだろうと自分で言っていました。

キスやフェラチオを沢山要求され、クラミジアにかかったそうです。初出勤で性病にかかった彼女ですが、今ではトップクラスにたっています。彼女の負けん気はすごいです。でも、しっかり検査をして、性病にかからないように自らも、お客様にも徹底しているそうです。

お客様にもしっかり検査に行ってもらうように促す事も大事です。お互いにより気持ちいい時間を過ごすためにも、衛生面はしっかりと行いたいですね。

男性の中では、珍しく潔癖症な人がいました。潔癖症な人でも快楽を味わいたいと風俗店に来るんです。風俗嬢も衛生面ではしっかりしていますが、しっかり洗ってとか、しっかり歯を磨いてうがいをしてなどすごく要求してくるお客さんの相手をしたことがありました。そのお客さんは最終的には気持ちよくなって満足してかえっていきましたが、珍しいお客さんもいるなあと思いました。

本記事は投稿の為に詳細な情報はわかりません。文面から風俗店経営者側の方かも知れません。
性病一般

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る