HIV検査キットのブランド!STD研究所を選ぶ理由!

STD研究所

HIV検査キットの有名ブランド&信頼性

STD研究所は複数のメディアでも取り上げられ、HIV検査キット(性病検査キット)メーカーでは知らない人はいない有名ブランド! HIV検査キット(性病検査キット)だからブランドはいらないと言われるかも知れませんが、実はそんな事はありません。

国内外の粗悪品が流通する中でブランドの地位を確立する為に沢山の実績を積み、信頼を重ねてきているからこそ”ブランド”と呼ばれています。HIVをはじめ性感染症と言うセンシティブな検査だからこそ信頼性(ブランド)が必要なのです。何と言っても本サイトの管理人もSTD研究所を利用した1人です。

掲載メディア一部
日経産業新聞、日本工業新聞、サンケイスポーツ新聞、サンケイ新聞、ドラッグトピックス、ドラッグマガジン 他

丁寧でわかり易いホームページは重要

STD研究所のホームページ充実度は検査キットメーカーの中で一番の完成度。その内容は検査キットの説明だけに留まらず、性感染症に関するあらゆる内容が網羅されていて医療関係者ではなくても十分に理解出来るように説明されています。また検査を受けた方からの口コミ(掲示板)が用意され同じ悩みを持つ受検者のコメントが妙に安心感を誘います。

性感染症に悩む殆どの方がHIV検査キット(性病検査キット)を利用する事が初めてだと思いますので、丁寧でわかり易いホームページも検査キットを選択する上で重要な項目ではないでしょうか?検査結果をWEBで確認できるシステムも採用していますので匿名性、セキュリティの面でも安心です。

国内の染症状況から最低限検査した方が良いと思われる性感染症

HIV検査キット(性病検査キット)では一度の検査で複数の性感染症を検査をする事が可能です。キットの価格を検査項目数で割り1項目あたりの単価を算出して価格が安い/高いと判断される方がいますが、本当にこれで良いのでしょうか?

我が国、日本での感染状況や死を覚悟するような重篤な感染症、何かしらの症状があれば疑わしい感染症を優先的に検査項目としていれ、その中でコストが安い検査キットを選ぶ方法が正しい選択といえます。

日本での性感染症状況はクラミジアが爆発的な感染拡大、淋菌に関しては減少傾向にありますが風俗に行かれる方は項目に入れる事をおすすめいたします。この2つは必須だと思います。

死を覚悟するような重篤な感染症と言えば「HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎」でしょう。特にHIVは潜伏期間が長く、HIVに感染している事に気が付かない”隠れキャリア”の存在を考えると、もはや梅毒よりも感染者が多いかも知れません。

梅毒も世界的にみると増加傾向にあり注意が必要です。B型肝炎は劇症肝炎や肝硬変、肝臓癌に発展する可能性が高く命の危険性の考え方からすると一番怖い性感染症かも知れません。

本サイトでは「クラミジア・淋菌・HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎」は最低限検査した方が良い項目と考えています。

キットメーカーの検査項目に注目

STD研究所が良く売れている理由はこれだと思うのですが、本サイトでも推奨する項目「クラミジア・淋菌・HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎」だけを効率よく調べるキットがあり、その値段が一番安い事!

他のメーカーですと「HIV(エイズ)・梅毒・淋菌・クラミジア・トリコモナス・カンジダ」の組み合わせが多く、B型肝炎が含まれるキットを探すとかなり高価になってしまいます。男性はトリコモナス・カンジダの検査は個人的には必要無いと思います。

逆に女性の場合はSTD研究所の製品ではありませんが、”トリコモナスDNA検査”を開発した事で有名なGME医学検査研究所の「HIV(エイズ)・梅毒・淋菌・クラミジア・トリコモナス・カンジダ」が含まれるキットをおすすめ致します。

GME医学検査研究所に関してはこの記事に纏めていますので”GMEをおすすめする理由!”を参考にして下さい。

あなたが風俗にお勤め(だった)なら・・

nodo190日本で拡大を続けるクラミジア!かなりの感染が報告されていますが、そのクラミジアは性器だけではなく喉にも感染する事をご存知でしょうか?

主にオーラルセックスで感染しますが性器クラミジア以上に症状が出ないので発見が遅れ感染を拡大させています。クラミジアに感染している性器をフェラチオしたり、クンニをする事で簡単に感染してしまいます。特にピンサロなど風俗にお勤めの方は是非、検査をして頂きたい項目です。

主な症状:のどの腫れ、痛み、発熱

従来のクラミジア喉の検査は「綿棒でぬぐう検査」をしていましたが、STD研究所から新しいキットが販売され話題になっています。「綿棒でぬぐう検査」は苦手な方もいると思いますが、この新キットでは「うがい液」で検査する方法なので誰でも簡単に検査する事が出来るようになりました。

更に今までのクラミジア喉が検査できるキットはどこのメーカーでも一万円以上のキットしかなかったのですが、STD研究所の新キットは5,940円から選択出来るようになっています。

試してはいませんが、なかなか評判が良いみたいです。

HIV/性病検査をお考え下さい



STD研究所 (川崎市第291号)


性病検査キットの検査は登録衛生検査所で実施しますので検出精度/信頼性共に医療機関と全く同じです。サポート内容、会社規模、信頼性から本サイトではSTD研究所 (川崎市第291号)を推奨致します。

 

関連記事

ページ上部へ戻る