HIV治療 抗レトロウイルス療法とスタリビルド配合錠の発売!

スタリビルド配合錠

現在の治療方法(抗レトロウイルス療法(ART))

HIVの治療は抗ウイルスを複数組み合わせて飲む、抗レトロウイルス療法(ART)が行われています。
 
抗レトロウイルス療法(ART)とは、ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI)、非核酸系逆転写酵素阻害薬(NNRTI)、プロテアーゼ阻害薬(PI)、インテグラーゼ阻害薬(INSTI)、侵入阻害薬(CCR5受容体拮抗)の効果がある5つの抗HIV薬を組み合わせ服用する事で、HIVの増殖を抑える治療方法です。
 
個々の抗ウイルス薬の説明は難しいので割愛しますが、これによりHIVを完全に排除する事は出来ないまでもHIVの増殖は100%抑える事が可能になります。
 
この治療方法により先進国ではHIV(エイズ)が直接原因となる死亡者は少なくなりました。

抗レトロウイルス療法(ART)の問題点

1.早期に発現する副作用
抗ウイルス薬は全てに副作用(早期に発現:吐き気、貧血、膨満感、下痢)があり、体質に合わない薬もあります。
 
2.長期服薬後に発現する副作用
HIVにとって抗レトロウイルス療法(ART)はHIVの有効な治療法ですが早期に発現する副作用の他、長期服薬による副作用もあります。

肝機能障害、腎機能障害、心血管疾患、精神神経系症状、高血糖・糖尿病・・など
 
3.HIV患者の飲み忘れストレス
抗レトロウイルス療法(ART)によりHIVの増殖を抑える事ができるようになりましたが、この薬は途中で止めてしまったり、決まった時間に飲まないと耐性ウイルスが出現し、薬が効かなくなってしまいます。(同じ薬が使えなくなる)

1日1回1錠の服薬で完結する抗HIV薬”スタリビルド配合錠”

”日本たばこ産業株式会社”と”鳥居薬品株式会社”から「スタリビルド配合錠」という抗HIV薬が発売された(2013年5月14日)1日1回1錠で完結する抗HIV薬!!期待できます!!副作用の問題はありますが1日1回1錠になりますのでHIV患者のストレスは大きく改善されるでしょう。くすり180 

薬格:1錠 6,749円!!!たか・・い
 
HIVの医療は確実に進歩しています。HIVの治療を行いエイズを発症させない事が重要です。

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る