HIV感染症専門薬剤師って?日本国内で数十人ですが・・

HIV感染症専門薬剤師

HIV感染症に専門の薬剤師がいるって?

HIV感染症専門薬剤師ってどこにいるの?
薬剤師の中でも、HIV感染症を専門的に勉強している薬剤師の人がいます。HIV感染症薬物療法認定薬剤師と、HIV感染症専門薬剤師です。HIV感染症薬物療法認定薬剤師は平成25年10月現在71人、HIV専門薬剤師は平成25年4月現在20人が認定されています。全国各地の、HIV/エイズ診療拠点病院で、医療チームの一員として、働いています。

一般の薬剤師では駄目なの?

薬剤師200
HIV/エイズに対する医療は、めざましく発展し、今ではしっかり治療をすれば、HIV/エイズでない人と変わらない生活を送ることが可能です。にもかかわらず、一般的なHIV感染やエイズに対する情報や知識は、全くと言って良いほど一昔前と変わっていません。
そして、案外医療関係者の中でも、HIV/エイズに関する知識というのは進化していない、追いついていないというのが現実です。薬剤師と言っても、どんな病気に対する薬についても詳しいというわけにはいかないでしょう。

なぜ、専門薬剤師が必要なの?

HIV感染症は、症状が多彩で、感染の時期によっていろいろな症状がでます。表に現れる症状だけでなく、血液検査などでしか知ることのできない、身体の中の変化もあります。そして、長期にわたる薬の服用が必要です。そのような、症状の変化や長期薬物療法に伴う副作用などに対応して、薬の変更をしていくことが重要です。また、長期にわたってHIV/エイズと付き合っていくためには、ライフスタイルに合わせた薬の変更の必要もあるでしょう。例えば女性であれば妊娠など・・・そして新しい薬や治療法なども開発されており、それに対応していくためには、やはり専門的な勉強と臨床経験が必要です。

HIV/エイズの患者さんをサポートする一員です

周囲の人に相談しにくい。ほかの人に感染させるのではないか。薬を飲み続けるのが大変だし辛い。医療費も高い。心配や不安は尽きないというのが本音でしょう。誰かに相談したいと思っても不思議ではありません。特に、抗HIV薬は、他の薬と飲み合わせが難しい場合が多く、副作用の発現率も高く重症になりがちということがわかっています。HIV感染症(薬物療法認定/専門)薬剤師は、HIV/エイズの病気の知識が豊富で、抗HIV薬はもちろん、他の薬のことも詳しい。そして、HIV/エイズの方との経験も豊富なので、医師や看護師ほか医療チームの一員として、あらゆる面で相談にのってくれるのです。

まず検査と治療の継続

思っている以上に、HIV/エイズを取り巻く医療状況は進化しています。まず検査をして早期治療が重要です。HIV/エイズに専門の病院と信頼できる医療スタッフに、自分のこれからを預けてみませんか?

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る