HIV耐性を持つ1%の超人!骨髄移植で完治する?

骨髄移植 耐性

HIVの耐性を持つ奇跡の超人

HIVに感染する事のない耐性を持つ人がいるそうです。
 
これは遺伝子の変異に依るもので白人の約1%に存在します。しかし残念ながらこの超人は我々アジア系の人には存在しません。
 
驚くべき事はこれだけではありません。
 
このHIV耐性をもつ超人の骨髄を移植した白血病のHIV患者が白血病だけではなくHIVも完治したと言います。
 
白血病で骨髄移植をする場合、白血病患者は移植の前に抗がん剤治療を行い白血病細胞を骨髄ごと完全に破壊します。
 
ここで骨髄移植をすることで血球系の細胞は全てこの超人のものに置き換えられますのでこれによりHIVが完治したものと考えられています。
 

耐性つき骨髄移植でHIVは完治できる?

HIV耐性ドナーの骨髄移植をすることでHIVが完治した例はまだ1例しかありません。
 
素人が聞いても完治の可能性が高いのになぜ?誰もやらないのでしょうか?
 
骨髄移植する場合、自分の体に合った型(HLA型)の骨髄ドナーを探す事から始まります。
 
これは自分以外(HLA型が合わないと)のものが体内に侵入してくると免疫細胞が働き(激しく攻撃)体に受け入れてもらえないからです。
 
少ない骨髄移植ドナー提供者からHLA型が同じ人を探し、更にこの中からHIV耐性を持つ超人を探す事は難しく殆ど不可能に近い可能性になります。
 
仮にHLA型が合うドナーが見つかったとしても治る保証はなく、骨髄移植をするリスクに見あっていない事が大きな理由になります。
 
これらの理由により余程の奇跡が起きない限りこの治療は難しいと思われますが、これら変異遺伝子を研究することで新たな治療法の可能性も広がることでしょう。
 

更なるHIV完治事例

2013.3.5:母子感染した乳児にHIV治療(投薬)し完治。
2013.7.4:リンパ腫の治療で骨髄移植を受けた男性患者2人完治。
 
事例は少ないですが確実に完治事例が出てきています。
2013.7.4の骨髄移植による完治事例はHIV耐性を持つドナーの骨髄ではありません。

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る