アフリカ人のペニスサイズは17.93cm!タイ人9.43cm!同じコンドームでOK?

コンドームサイズ

外国人と日本人のペニスサイズとコンドーム

コンドームにサイズがある事を知っていますか?
サイズと言っても世界共通のサイズ規格があるわけではありません。

日本で有名なオカモトでは直径33mmを標準としているのに対し、サガミゴム工業、不二ラテックスではオカモトよりも少し大きめの直径36mmを標準にしています。標準品よりも大きい方や小さい方向けにもサイズ違いのコンドームも発売されていますが、店頭に並んでいる事はあまりなく殆どが通信販売対応になります。

・大きい方向け:直径46mm
・小さい方向け:直径31mm

恐らく販売国毎に合わせた男性器のサイズがその国の標準サイズになるわけですから海外製のコンドームを使用する場合は注意が必要です。

因みに”World Penis Average Size Studies Database”(Size alphabetical order 2015)では世界の平均的なペニスサイズを公開しています。

世界の平均的なペニスサイズ抜粋
・Africa:17,93cm
・South America:16,93cm
・Australia:15,70cm
・Sweden:15,36cm
・Japan:12.60cm
・Korea, South:10,80cm
・Korea, North:9,6cm
・Thailand:9.43cm
※勃起時の平均サイズ

世界最大のペニスを持つAfrica(DR Congo)では平均ペニスサイズは・・なんと17,93cm!!、世界最小のThailandで9.43cmですからその差は8.5cmもあります。我々日本人の平均は12.60cmですからアフリカ人のコンドームサイズでもタイ人のコンドームサイズとも合わない事がわかると思います。

当然、コンドームはどの国でもいろいろなサイズが売られていると思いますが、ホテルに備え付けであったり、女性が持っているコンドームはその国の標準サイズである事は想像できるかと思います。

コンドームのサイズは直径で考えるのでペニスの長さが長いからと言って必ずしも大きいサイズが必要ではありません。

しかしながら、ペニスからずれたり、外れてしまったり、最悪の場合は破損してしまう危険性もありますので海外に行く場合は自分に合ったサイズのコンドームを持参する事が確実な方法です。

外国製と日本製のコンドームの強度と素材の質

このブログ(コンドームを比較してみよう!)では下記の3つのコンドームの強度実験をしています。

・南アフリカ産のコンドーム「TRUST」
・モザンビーク産のコンドーム「Jeito」
・アメリカ製のコンドーム「TROJAN」
・某団体からの寄付のコンドーム

更にこのブログ(米amazonでオカモトのコンドームが売上げ1位になってる件)ではオカモトの凄さがわかる実験をしています。コンドームに20リットル以上の水を入れています。

これらの実験から日本製と海外製のコンドームの品質の違いは歴然です。

コンドームの信頼性基準はメーカーによりまちまちであり、最低基準のコンドームでは使い方(爪が伸びている方や猛獣の様に激しいセックスをする方など)に依っては簡単に破損してしまう恐れがあります。

性感染症を防ぐことが出来る優れた防衛策

日本人は避妊目的のみでコンドームを使用する事が多いのですが、海外では避妊だけではなく性感染症を防止する目的にコンドームを使用します。

コンドーム着用はHIVを始めとし、殆どの性感染症を防ぐことが出来る優れた防衛策です。海外に行かれる際、性交渉をする予定がある方は最高品質のサイズが合った日本製コンドームを持参する事を強くおすすめします。

また、海外に行かなくても自分のペニスが標準サイズでは合わない方はマイコンドームを常に持ち歩く事も必要ではないでしょうか。

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る