HIVは女性の方が感染しやすいのになぜ男性の方が感染者が多いのか?

男性 女性

HIVは女性の方が感染しやすいのになぜ男性の方が感染者が多いのか

HIVの感染確率は男性と女性では違いがあります。
女性はその性器の構造から男性と比較して約2倍、HIVに感染し易いとされています。

異性間性的接触時の感染確率
異性間性的接触(男性側) 0.05%
異性間性的接触(女性側) 0.1%

それにも関わらず日本に於けるエイズ患者累積者数(平成28)は男性:20,731人/女性: 1,287人と圧倒的に男性が多い事がわかります。

HIV感染者+エイズ患者累計(平成28年3月)
男(日本人): 20,731 人
女(日本人): 1,287人
男(外国国籍):2,413人
女(外国国籍):1,825人
合計: 26,256人
※厚生労働省エイズ動向委員会

この厚生労働省のデータ(HIV感染者+エイズ患者累計)は異性間性的接触時の感染確率から考えると少々考え辛い結果になっています。

HIVは女性の方が感染しやすいのになぜ男性の方が感染者が多いのでしょうか。

HIVとエイズ患者の感染要因を考える

ちず300

まず「異性間性的接触時の感染確率」とはコンドームを使用しない場合の確率であって、コンドームを装着している場合はこの確率は適用されない事に注意しなければなりません。先進国ではHIVや性病、避妊の防止の為にコンドームを使う事が浸透しており、異性間性的接触に於いて新規のHIV感染は全国的には多くない数値になっています。

それに対し宗教的な理由でコンドームの使用が禁じられていたり、男性優位社会において、女性がコンドームの使用を望むことができない風習や宗教が残る多くの途上国では「異性間性的接触時の感染確率」通り女性の方がHIV感染者が多い事実があります。

つまり日本を含めた先進国ではコンドームを使用しない異性間性交渉に於けるHIV感染は少なくそれ以外の原因がある事を考えなければなりません。

男性の方が感染者が多い理由はこれ

厚生労働省エイズ動向委員会はHIVとエイズ患者の感染要因についてもレポートしています。

HIV感染者(平成28年3月)
異性間の性的接触:4,849人
同性間の性的接触:10,505人
静注薬物使用:72人
母子感染:40人
その他:407人
不明: 2,225人
合計:18,098人

エイズ患者(平成28年3月)
異性間の性的接触:2,842人
同性間の性的接触:3,259人
静注薬物使用:60人
母子感染:18人
その他:231人
不明: 1,748人
合計:8,158人
※厚生労働省エイズ動向委員会

このデータをみると一目瞭然ですが、男性が多いのは”同性間性的接触(男性間)”が大きな原因だからです。男性同士だからHIVに感染しやすい訳ではなく性行為の方法に問題があります。

男性同士の性的接触の場合、アナルによる性交渉が行われるケースが多く報告されています。元々アナルは性交渉を行う器官ではありません。非常に繊細に出来ており性交渉に依る出血も多い為、そこからHIVウイルスが侵入して感染すると言われています。出血はしなくても挿入/摩擦により目に見えない小さな傷が出来ている事を忘れてはいけません。

また、男性同士の場合、妊娠の心配がない事からコンドームを使用しないで行為を行うケースが多いことも感染を拡大させる原因になっています。

同性間の性的接触に於けるHIV感染率
同性間の性的接触(男役) 0.067%
同性間の性的接触(女役) 0.5%

その他にアナルは異物を挿入できる器官ではなくそのままでは性交渉が難しい場合や快楽を求めるために薬物に頼る傾向があります。注射器の回し打ちは高確率でHIVに感染し、薬物による痛みや自制心を無くした性交渉が更にHIV感染の可能性を加速させます。

HIVは女性の方が感染しやすいのになぜ男性の方が感染者が多いのか。

その答えは

①同性愛者のコミュニティの中でHIVが蔓延
②コンドームを使用しないアナル性交渉
③薬物による自制心を無くした性交渉
④注射器の回し打ち

が主な原因です。

もう一つの問題!在留外国人の感染率も高い

日本人男性の感染者数が多い事は理解頂けたかと思いますが、在留外国人の感染者数が多い事に気が付かれたでしょうか?国税調査に依ると現在の日本の総人口は約1億2千万人、在留外国人の人口が200万人(法務省)とするとその異常な感染者数に驚かされます。特に在留外国人の女性の累計患者数(1,825人)は日本人女性の累計患者数(1,287人)を超えています。

HIV感染者+エイズ患者累計(平成28年3月)
日本人: 22,018人(女性:1,287人)
外国国籍:4238人(女性:1,825人)
※厚生労働省エイズ動向委員会

WEBで検索するとHIVに感染している事に気が付いていながら日本に来てセックスワーカーとして働いている外国人もいるとか。真実はわかりませんが、外国籍の風俗店は危険な状態である事は間違いありません(当然、外国籍だけではありませんが・・)。こういった風俗に行ったことがある方は一度検査をしてみては如何でしょうか?

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る