HIV感染より怖いエイズノイローゼ

エイズノイローゼ

HIV感染より怖いエイズノイローゼ

エイズノイローゼ200
エイズ関連のサイトを運営しているとアクセス数からある事がわかります。
 
ある事とは良い天気だとHIV/エイズ関連のサイトをアクセスする人数が激減する事です。天気が良いと気分も晴れHIV/エイズの事を少しの間、忘れているのでは・・と推測しています。人間は良い事はいつまでも覚えていますが都合の悪い事は忘れるように出来ています。これはマイナス要素をいつまでも記憶していると生きて行けない為、本能的にこのようになっているようです。
 
ここに来られる方は既に軽度のエイズノイローゼ?なのかもしれませんが、ほとんどの方がこの本能に従い、時間と共に不安が薄れ、又はHIV 検査をするなどし自己で解決されています。では、なぜ?エイズノイローゼになるのでしょうか?
 
エイズノイローゼ男200
個人の性格による要因が大きいのですが、HIV/エイズの恐怖を煽る情報がWEBに氾濫しこれを目にする事で、本能よりも強い不安を感じているためと考えられます。
 
エイズノイローゼになると一日中、HIV(エイズ)感染したかもしれない恐怖に苛まれ食事が出来ない、下痢が続く、不眠症になるなどの体調変化が現れてきます。数か月の間に10kg以上体重が減ってしまったという事実も聞いたことがあります。
 
HIVに感染する事はコンドームをしていなくても感染率は1%程度であり、HIVに感染している方が少ない日本に於いて、感染する事は稀な感染症です。
 
”エイズノイローゼ”がHIV(エイズ)と同じウイルス性の感染症ならばHIVよりもはるかに感染能力が高く、体だけではなく心までを蝕むHIVより怖い病気なのかもしれません。
 

エイズノイローゼの方にエール!

HIVは予防をしっかりしていればほぼ100%予防でき、適切な治療を行えば命を取られる病気ではなくなってきています。HIVに感染してもエイズを発症しなければ”糖尿病”となんら変わりません。
 
悩むよりHIV検査をして身の潔白を晴らして下さい。きっと陰性ですよ!大丈夫!
 
~管理人(経験者より)~
 

自宅で性感染症の検査が出来ます


性病検査キットの検査は登録衛生検査所で実施します。検出精度/信頼性共に医療機関と全く同じです。

関連記事

ページ上部へ戻る