彼女のアソコ(陰部)が臭い!性病を臭いとおりもので推測してみる

彼女臭う

彼女のアソコ(陰部)が臭いと感じた事はありませんか?

アソコ(陰部)の臭いは個人差がありますので全く臭わない人もいれば「うっ・・」と言葉を失う臭いの女性もいます。

正常な女性のアソコ(陰部)は外部からの細菌を防ぐために(繁殖させない様に)酸性に保たれており、少なからず酸っぱい臭いがするのが普通です。

性病に感染している女性の場合、アソコ(陰部)から魚、肉が腐ったような臭いや納豆など様々な臭いがすると言われていますが、性病の種類や症状の度合いにより判断が微妙な場合もあります。

ですので完全な判断をすることは難しいのですが、特徴のある臭いや見た目の症状(おりもの)でも判断できる場合がありますので、記事を参考にして頂ければと思います。

判断が微妙な場合でも明らかに今まで経験した事の無い臭いや悪臭の場合は、セックス(性交渉)を中断することをおすすめします。

すそわきが(ネギっぽい+鉛筆の芯の臭い)

腋の下が「わきが」でアソコ(陰部)が臭うのが「すそわきが」と呼ばれています。
どちらも毛穴にある分泌腺(アポクリン腺)から出る汗が常在細菌に分解され、これにより細菌が増殖する事で悪臭を発しています。

お風呂に入ったばかりではあまり臭いませんが、性交渉をしているうちにだんだんとアソコ(陰部)の臭いに気が付くでしょう。毛穴にある分泌腺(アポクリン腺)が原因なので汗をかき始めれば臭い始めますので気が付くはずです。

風俗嬢でも稀にいますが、アソコ(陰部)をクンニをした時の鼻に付いた体液の臭いが、なかなか取れないのは「すそわきが」が原因です。私は臭いに敏感なので気が付きますが、言われてみれば「そうかな?」程度のすそわきがの方が殆どで、強烈に臭う女性はそんなに多くは無いでしょう。

すそわきがの臭いは「わきが」の臭いだけではなく、なかなか伝え辛いのですが”ネギっぽい+鉛筆の芯”のような臭いがする時もあります。すそわきがは、性病でも病気でもなく体質の問題なのでセックス(性交渉)を続けて問題ありません。

カンジダ(生臭い魚の臭い+酒粕状おりもの)

カンジダは性感染症とは違いアソコ(陰部)の膣内酸性度バランスが崩れ、常在菌であるカンジダが増殖している状態です。

カンジダは強烈な臭いがする事と酒粕状おりもの(白いぽろぽろした酒粕状のおりもの)がアソコ(陰部)から出るのでこれに注意すれば比較的簡単に判断出来る事があります。

性病ではありませんが、カンジダ菌(カビ)がペニスの包皮(皮)に付着し、そのままにしておくと「亀頭包皮炎」になる可能性があります。特に包茎(仮性包茎も)方はカンジダ菌(カビ)が包皮と亀頭の間で増殖してしまう為に、特に発症し易く注意が必要になります。男性版カンジダなので同じように白いぽろぽろした恥垢が出るのが特徴です。

ですので、これに気が付いた時にはセックス(性交渉)を継続してはいけません。カンジダは体調のバランスが崩れている時にもなりますので彼女を責めてはいけませんよ。。

トリコモナス膣炎(黄緑がかった膿+強烈な悪臭)

おりものが泡立ったようになったり、悪臭の強い黄緑がかった膿のようなおりものが出るのが特徴です。
彼女自身、外陰部や腟に強いかゆみや痛みがあるので気が付いている可能性もありますが、必ず症状が出るわけではない点に注意して下さい。

トリコモナスは性病で腟トリコモナス原虫が膣に寄生して炎症を起こしています。男性の場合は尿道や前立腺や精のうに寄生して尿道炎や前立腺炎を起こす原因になります。黄緑の泡立ったおりものと強烈な悪臭がしたらセックス(性交渉)を継続してはいけません。

トリコモナスは性交渉の他、下着、タオル、便器、浴槽などから感染する事がありますので、トリコモナスに感染したからと言って彼女が悪い訳ではない事に注意。

淋病、クラミジア(黄色い膿+悪臭)

日本で最も蔓延している性病です。
若年令層で爆発的に広がっていますが、症状が現れない場合が多く気が付かず悪化させる厄介な性病です。

アソコ(陰部)の臭いや見た目で判断する事は難しいのですが、いつもと明らかに違う臭い(女性器特有の酸っぱい臭い)以外がしたら信用できる特定のパートナー以外であれば止めておいた方が賢明です。

淋病、クラミジアどちらも女性自身が気が付いていない場合が多く、男性に感染させてから初めて気が付く事が多いので、一夜限りの相手とベットインする時や風俗遊びをする時には最低でもコンドーム必須です。

男性でも淋病、クラミジアの症状が出ない場合もありますので、彼女が淋病、クラミジアを貰ってきたのか、自分が貰ってきたのか良く考えたうえでケンカして頂く様にお願いします(笑)

まとめ

彼女のアソコ(陰部)があまりに臭いと感じた時は性病の可能性もあるかも知れません。ただ、その時の彼女の体調やストレス、服薬中などにより一時的にアソコ(陰部)の膣内酸性度バランスが崩れている事もあります。彼女を傷つけない配慮が必要です。

特定のパートナー以外と性交渉する場合は、なかなか相手の臭いの異変に気が付き辛いものです。経験した事がない臭いや見た目に少しでも異変を感じたなら、セックスを中断する勇気も必要です。盛り上がっている時に難しいとは思いますが、最悪でもコンドームを付ける事は忘れてはなりません。

性病に感染するとHIVに感染する確率も飛躍的に上がります。性病に対するしっかりとした知識を身につけて適切な防衛をして下さい。

自宅で性感染症の検査が出来ます


医療機関の検査委託先である「登録衛生検査所」が性感染症の郵送検査事業を実施しています。自宅で医療機関と同じ検出精度/高信頼性の検査が出来る様になりました。

関連記事

ページ上部へ戻る