細菌性膣症の悪臭!膣内が弱酸性化して雑菌が増殖している状態!

細菌性膣症

いつものと違うおりものに気が付いたら

女性は、おりものの色や量が気になるものです。しかも、灰色に濁っていたり、魚が腐ったような悪臭がしたら、何かの病気?と不安になるに違いありません。おりものは、子宮内膜や膣、汗腺などから出る分泌物や、古い細胞の組織が混ざり合ったものです。

生理の周期で粘度や量が変わりますが、色や臭いまでもがいつもと違うのは、子宮内膜や膣などに変化があったと考えられます。性感染症、あるいは、また別の病気なのでしょうか。

細菌性膣症とは

膣内には、多くの細菌が常に存在(常在菌)しています。膣内の常在菌の75~95%は、乳酸桿菌(ラクトバチルス)という善玉菌が占めており、pH3.5程度の酸性を保って、外からの雑菌を防ぐような膣内環境(膣内細菌叢:ちつないさいきんそう)を作っています。

何らかの原因で、乳酸桿菌(ラクトバチルス)が減少すると、様々な雑菌が増殖して膣内の環境が乱れpH4.5~5.0と弱酸性になってしまいます。この状態を、細菌性膣症と言います。例えばトリコモナスやカンジダなどの特定の菌は検出されず、炎症がないことが特徴です。

魚が腐ったような臭いは、増殖した雑菌から出るアミン臭ですが、必ずしもあるわけではありません。

細菌性膣症になると性感染症のリスクが高くなる

細菌性膣症で増殖した病原菌は、膣から広がり、子宮内膜炎、子宮頸管炎、卵管炎、骨盤腹膜炎などを起こすことがあります。また、膣内の環境が乱れているため、雑菌の侵入に弱く、HIVなど性感染症のリスクが高くなります。

特に、妊娠中に細菌性膣症になると、病原菌が子宮内に感染して炎症を起こし、早産の原因になることがわかっています。

膣内細菌叢(ちつないさいきんそう)が乱れる原因

なぜ、膣内細菌叢が乱れるのでしょうか?その原因は明らかではありませんが、リスクとして次のようなことが考えられています。

膣内細菌叢が乱れる原因
①器具の挿入など多量の微生物で汚染される
②抗生物質
③免疫の低下
④石けん、洗浄液、下着による刺激
⑤温水洗浄便座の使用、膣洗浄
⑥ホルモンの変化
⑦タンポン
⑧避妊具の挿入

パートナーが変わったり、複数のパートナーがいる方で発症しやすいという報告もあります。

細菌性膣症の治療方法は?

抗菌薬の飲み薬と膣に挿入する膣錠があります。一般的には、1日1回、1週間程度、膣内に抗菌薬の錠剤を挿入して治療します。治療は保険適応があるので、必ず医療機関でしっかりと治療するようにしましょう。

細菌性膣症は、約半数の方では自覚症状がないと言われています。細菌性膣症があると、子宮や卵巣など女性にとって大事な場所の病気につながる可能性があります。また、性感染症のリスクも高くなります。少しでもおりものの状態が変わったり、臭いが気になるような時には、恥ずかしがらずに婦人科で相談するようにしましょう。

自宅でHIV/性感染症の検査をしてみませんか?

登録衛生検査所※が性感染症の郵送検査事業を行っています。検査を登録衛生検査所で行っていますので検出精度/信頼性共に医療機関と同等です。販売実績やサポート内容、知名度など総合的に判断し、下記の検査機関を推奨致します。

200_1441159762 ※血液等の検体を医療機関から集めて検査をする施設

 

関連記事

ページ上部へ戻る