ペニスのぶつぶつフォアダイス!女性からすると性病の扱い!

フォアダイス(fordyce)は性病じゃないよ

フォアダイス(fordyce)は日本人男性の半数以上にあります。

フォアダイス(fordyce)はペニスの汗腺に脂肪が溜まって出来るぶつぶつで、痛みもかゆみもなく、放置しておいて問題の無いものです。ただ、人によりそのぶつぶつの数や大きさが違い、量や大きさにより性病で有名な尖圭コンジローマに勘違いされる場合があります。

写真:フォアダイス(fordyce)※過激画像の為に注意!

尖圭コンジローマはフォアダイス(fordyce)に似ていますが、こちらは性病で有害、感染力が強く放置しておくと亀頭やペニス全体(女性も同様)に広がり、性行為だけではなく日常生活も困難な状況になる恐ろしい性病です。

この為にフォアダイス(fordyce)は無害にも拘らず、見た目上の問題から手術を希望する男性が増えています。

このサイトを含め性病サイトに訪問するユーザーの約半数は女性です。この記事を女性にも読んで頂き、フォアダイス(fordyce)をもっと理解してもらえたら幸いです。

フォアダイス(fordyce)、真珠様陰茎小丘疹、タイソン腺

フォアダイス(fordyce)は陰茎の皮膚、包皮やカリの部分、包皮小帯(裏スジ)の左右に出来る粒状のぶつぶつです。出来る場所によりそれぞれ名称がありますが、まとめてフォアダイス(fordyce)と一般的に呼ばれています。

・フォアダイス(fordyce)
陰茎の皮膚にできるものをフォアダイス(fordyce)と言います。もっとも多いのがこのタイプです。皮膚にできるのでニキビと同じような属性です。

・真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)
中国語の様な難しい名前ですが漢字を見てもらえるとイメージが湧くと思います。真珠様陰茎(カリ首)の小さな丘(小さな粒状のぶつぶつ)が丘の様に連なっている。つまりカリ首の周りを細かいニキビの様な粒が出来る症状です。目立たないものから如何にも性病に見えるぶつぶつまで様々あります。

・包皮腺(タイソン腺)
包皮小帯と呼ばれる所謂裏スジ部分の両脇にぶつぶつが出来ます。1つ2つと少ない場合と無数に出来る場合があります。出来るぶつぶつの大きさはさまざまですが、ある程度均一で表面がつるっとしているのが特徴です。

尖圭コンジローマとフォアダイス(fordyce)の違いについて

では、尖圭コンジローマとフォアダイス(fordyce)をどのように見分けたら良いのでしょうか?

・見た目
見た目の違いはフォアダイス(fordyce)のぶつぶつは大きさ(1~2mm程度)がほぼ揃っていてつるっとしているのが特徴に対し、尖圭コンジローマはフォアダイス(fordyce)よりも少し大きめのぶつぶつで不均一のザラッとした感じのこぶです。と言っても比べるものが無ければなかなか判断が付かないかもしれません。

・急激に増えていないか?
フォアダイス(fordyce)は性病ではないので急激に増える事はありません。昔から出来ているぶつぶつはフォアダイス(fordyce)です。性交渉後、急激に増えてきたぶつぶつは尖圭コンジローマの可能性があります。

疑わしい時は、自分で判断せず、専門家に診てもらう事が重要です。

フォアダイス(fordyce)の治療は?

フォアダイス(fordyce)は性病ではないので治療をする必要はありません。その為に殆どの皮膚科では「問題ないありませんよ」「大丈夫ですよ」と処置をしてくれない可能性があります。

つまり、フォアダイス(fordyce)は治療ではなく美容整形と同じ扱いになります。とは言え、性病に間違えられるほどのフォアダイス(fordyce)が出来ているなら女性に要らぬ心配をさせるばかりか、自分自身のコンプレックスにもなりかねませんので、治療(見た目を良く)する事も考えた方が良いかも知れません。

治療(見た目を良く)はぶつぶつを炭酸ガスレーザーや電気メスで削る方法が一般的です。真珠様陰茎小丘疹(しんじゅよういんけいしょうきゅうしん)の場合は少しカリ首が小さくなるとかならないとか・・・

数万円でコンプレックスが解消できるならやってみる価値もあるのではないでしょうか!

関連:とさか状のザラザラした突起。コンジローマだ!!

自宅で性感染症の検査が出来ます


性病検査キットの検査は登録衛生検査所で実施します。検出精度/信頼性共に医療機関と全く同じです。

関連記事

ページ上部へ戻る